ようこそ森の家へ *ダッチオーブンで家ごはん* morinoie19.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

広島県三原市で、ひっそりと手打ち蕎麦を打っています。ダッチオーブンと自給自足な森暮らし。


by morinoie-19
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

猫も南極に行った


d0117006_1472651.jpg

ほんとうにあったお話です。『こねこのタケシ』南極大ぼうけん

南極のドラマ 見ていなかったけど終わったのかな・・・?
多分、あのドラマに猫は出ていなかったでしょうね。


先日、図書館で偶然手にした絵本。
犬のタロとジロの話は有名だが、猫のタケシのことはほとんど知られていない。

図書館の司書さんに「本当に猫が南極に行ったの?」とたずねてみた。
「本当よ。昔、何かの記事で読んだことがあるの。船で日本に帰ってきたけど、ふらりといなくなっちゃたんですって。ヒーローにならずにいなくなるとこが猫らしいよね。」と。

あの昭和基地に1年間、隊員たちの癒しとして 猫のタケシは連れて行かれたそうです。
犬たちは訓練をし、仕事をした。
猫には、猫にしかできない大切な役割があった。

第一次越冬隊と第二次越冬隊が交代する際、ブリザードのために、あきらめてみな日本に帰った。
その時にタロとジロ、他の犬たちは置き去りとなった。
しかし、猫のタケシ、仔犬、カナリアは連れて帰ってもらえたそうです。

南極のマイナス30℃の氷の上を素足で立っている立派なタケシの写真も載っています。

犬には犬の役割が。猫には猫の役割が。私には私の役割が・・・きっとある。
たとえヒーローにならなくても・・・・。
[PR]
by morinoie-19 | 2011-12-19 22:00 | 本 映画